雛人形寄付ガイド

トップページ


雛人形を寄付する場所にお困りなら・・・

トランクルームに預けっぱなしの雛人形…。

ひな祭りの時期が近づいてくると胸がざわつく…。
本当は処分したいけど祟られそうで怖い…。


このようなお悩みなら、雛人形のお祓いという方法がおすすめです。

神社やお寺でもいいのですが、もしかして霊症?というような何かがある場合は、即対応してくれるサービスを選ぶのがポイントです。

雛人形を処分するなら寄付したいのだけど・・・


箱から出される日はもう二度と来ないと思われる我が家の雛人形…。

処分したくても、高額なものであるがゆえになかなか処分に踏み切れず…。

でも本当の理由はそこではないということを、私が一番よく分かっているんです。

そう…はっきり言って怖いのです。

なんだか、お人形さんに魂が入っているようで怖くて捨てられないんです。

だからどこかに寄付してしまいたいって思っているんですけど、どこに寄付すればいいのか分からないし、そんないわくつきかもしれない雛人形を寄付してもいいものか…。

このように気になっている場合は、「雛人形の供養・お祓いをしてもらう」というのも一つの手です。

【お急ぎの方へ】
人形供養・ぬいぐるみ供養の葬送堂は、ダンボールひと箱3,300円で雛人形やぬいぐるみをお祓いしてくれます。しかも届き次第、即お祓い。メールで結果を教えてくれるそうです。


雛人形の処分について

雛人形を処分するにあたってご自身に何か気になる点があるのでしたら、一番納得できる方法で処分されることをおすすめします。

■ ごみとして出す

無料で処分できる一番手っ取り早い処分方法です。

ガラスケースは不燃ごみや粗大ごみになりますので、お住まいの自治体のルールに従って処分してください。

■ メルカリやヤフオクで出品する

状態が良く、久月や吉徳大光など老舗ブランドの雛人形であればメルカリやヤフオクで買い手がつく可能性があります。

■ 誰かにあげる

少し古いものであれば、ジモティーなどに無料で出品してみるのもおすすめです。

取りに来てもらえれば発送の手間などもかかりませんね。

■ リサイクルショップに売る

ネットでやりとりをするのは面倒臭いという方は、リサイクルショップなどのお店に持ち込んでみるのも1つの方法です。

■ 寄付する

幼稚園や保育園、児童養護施設、介護施設などでは寄付を募集しているところもあります。

いわくつきかもしれないものをそのまま寄付するのはなんだか憚られるという場合は、一度お祓いなどを受けてから寄付してあげると安心ですね。

■ 神社やお寺で供養してもらう

霊障などが気になる場合は人形供養を行っている神社やお寺でお祓いやお焚き上げをしてもらいましょう。

地域によっては人形供養を行っていなかったり、特定の日だけしか受け付けていないということもありますので、神社やお寺にお問い合わせください。

■ 人形供養・お祓いをする専門サービスに頼む

雛人形供養は需要が高いため、いくつか専門サービスもあるようです。

ほとんどが近くの神社やお寺と提携して取次をするタイプのようですが、対応スピードを大切にした専門サービスもあります。

自宅から宅配便で送れることや費用面の安さが特長です。

雛人形の寄付について まとめ

立派な雛人形、処分するくらいなら誰かに貰ってもらいたいと考えている人も多いと思います。

でももしそれが、「なんかいわくつきのもの」だったとしたら、おいそれとは寄付できないですよね。

そこで、おすすめしたいのが「雛人形の供養・お祓い」です。

特に、何か気になることが起きている場合はしっかりと確実に対処してもらえるところを探すのが大切です。

全国対応の人形のお祓いサービス

届いたその日に即日対応

  • ダンボール1箱3,300円+送料
  • 大きな箱にまとめて送っても料金は同じ
  • 到着次第、即日でお祓い
  • お祓いできたことをメールで連絡

【対応が可能な人形やお品もの】

●雛人形
七段飾り、三段飾り、五人飾り、親王飾り、御殿飾り、収納飾り、ケース飾り、立雛飾り、手のり雛、つるし雛、衣裳着人形、木目込人形、など

●五月人形
武者人形、金太郎人形、桃太郎人形、収納飾り、など

●その他の日本人形
市松人形、お迎え人形、浮世人形、つるし飾り、お菊人形、結納人形、博多人形、京人形、おやま人形、やまと人形、御所人形、和人形、能人形、鍾馗様、など

●海外の人形・アンティーク人形
古い人形、民俗人形、フランス人形、ビスクドール、スーパードルフィー、など

●ぬいぐるみ
プレゼントのぬいぐるみ、手作りのぬいぐるみ、UFOキャッチャーのぬいぐるみ、など

●着せ替え人形・知育人形・おもちゃ類
リカちゃん人形、バービー人形、ファービー、など

【配送について】
送料は利用者負担(配送手段は都合のよいものを選べます。)

よくある質問

葬送堂の人形のお祓いサービスに関する、質問をQ&A形式でご紹介しています。

Q. どんなダンボール箱でもいいの?

A. 大丈夫です。

ダンボールに収まる範囲であればどれだけ詰めこんでも大丈夫なのですが、1つの箱あたりの重量は20kg以内までとなっているのでご注意ください。

Q. 送った雛人形はどうなるの?

A. 処分または寄付されます。

供養が終わった人形は、寄付または処分となります。

お祓いの後に送り返して欲しいという場合は、別途相談とのことでした。

Q. どのように供養するの?

A. 人形供養師によって供養されます。

複数のお人形を一斉に供養するのではなく、一つずつ丁寧にお祓いをしてもらえます。

Q. 古くてボロボロになっている場合はどうすればいいの?

A. 透明な袋に入れてください。

古すぎてボロボロになってしまっているものや汚れや臭いがあるものは、中身が見える透明の袋に入れた上でダンボールに入れてください。

Q. 心霊現象が気になるのですが送って大丈夫?

A. もちろん大丈夫です。

葬送堂は人形のお祓いと供養の専門サービスなので、なんだか気になるというお人形は自分で処分するよりも、人形供養師の方にきちんとお祓いをしてもらうことをおすすめします。


人形供養コラム

家にある人形を処分したいけどそのまま処分してしまって大丈夫なのだろうか?神社などで人形供養をお願いしようと思っても人形供養のお布施ってどれくらいかかるのかわからないので結局人形がそのままになっているという方はいませんか?人形を処分するのにどうしてお金がかかるの?と思われた方、どんど焼きでは一緒にお焚き上げしてもらえない可能性が高いですよ。

肝心の金額についてですが、宮司さんに聞くのはちょっとと思う人も多いですよね。

そんな悩める方におすすめなのがお払いの金額が明示されている人形供養専門サイトです。

ご自宅が人形で溢れかえっているという方も多いかと思いますが引越しのタイミングや終活などのタイミングでそろそろ捨てようかなと思っている人もいるでしょう。

でもひな人形とかなんだか魂がこもっていそうでちょっと怖いですよね。

近所の神社で人形供養を行っていればお願いして供養してもらうことができますが、近くに人形供養をしている神社がないという人が大半かと思います。

そういう時は郵送で人形供養を受け付けている霊媒師の方などに供養をお願いするのがおすすめですよ。

お人形の処分にお困りの方、ゴミ袋に入れるのはなんだか後ろめたくて折角なので人形供養をしてあげたいと思われている方もいるかと思います。

とはいえあまり高額だとちょっとと思うのが本音ですよね。

本来はゼロ円で処分できるものにお金をかけるわけですから。

なるたけ低価格の金額で人形供養してくれるところを探しているよという方におすすめしたいのがネットで申請できる人形供養です。

ほとんどが1箱いくらで対応しているので人形がたくさんある人ほどお得に処分することができますよ。

御霊抜き、何と読むか知っていますか?おしょうぬきと読みます。

墓じまいなどでお墓から遺骨を出す際に執り行われる法要のことで御性根抜きや閉魂法要とも呼ばれています。

なぜ、お墓から出す際やお仏壇を処分するときに魂を抜くのかというと、四十九日の法要の際に御霊入れという儀式を行っているためです。

僧侶のお経によってお墓に魂が宿ると考えられているからです。

ですので、お墓や仏壇を処分する際は魂が入っていた箱をただの箱に戻してあげなければいけないのです。

そのため魂入れが済んでないお位牌はただの置物と言えます。

アンティークドールとかって捨てるのちょっと怖くないですか?付喪神じゃないけど捨てても気付けばそこにあるみたいな…。

よくある怖い話を思い出してなんだか捨てられない、そういう人多いと思います。

そんなときは家の近くの人形供養をしてくれる神社などに持ち込んでみることです。

もし人形に魂がこもっていたとしてもお祓いをしてもらえば怖くありません。

家の中ぬいぐるみで溢れかえっているという人はいませんか?私の家には300体以上のぬいぐるみがあり、さすがに生活空間を逼迫しつつあるのでそろそろ片付けないといけないなと痛感しているのですがゴミ袋に入れるとなんだか悲しい顔をされているようでどうしても捨てることができません。

そんな時知人から紹介してもらったのが人形供養でした。

お寺さんなどに直接行かなくても段ボールに入れて送付するだけでお焚き上げをしてくれるというものです。

ぬいぐるみにお祓いなんてと思うかもしれませんが私には捨てるということができなかったのでこれで良かったと納得しています。

あなたの家の雛人形は今どこにあるか覚えていますか?娘さんが大きくなりもう飾る機会もないという人もいるでしょう。

巣だった娘さんが引き継いでくれればいいのですが子供を考えていない夫婦の場合無用の長物になる可能性もあります。

高校生くらいになっても出し続けているご家庭は珍しいかと思いますし、割と早い段階でタンスの肥やしになってしまうのが雛人形ですよね。

これからの人生終活を考えて物を減らさなければいけなくなりますので体が動くうちに諸々処分していくことが大切です。

分解できるものであれば少しずつ処分することができますが、ガラスケースに納められた雛人形は粗大ごみに出さなければいけません。

小さい頃いつでも一緒にいたお友達はお人形だったという人もいるかと思います。

そんな思い出深いお人形、押入れの奥深くに眠っていませんか?お人形をゴミに出せない人にその理由を教えてもらったところ、思い出がありすぎるから捨てられない、誕生日プレゼントで貰ったものだから捨てられない、ひな人形だからなかなか捨てられない、妹のようにかわいがっていたので捨てるに捨てられない、捨てたらなんだか呪われそうで怖いといった理由がよせられました。

お人形の処分にお困りの方は人形供養でお焚き上げをしてもらうのがおすすめです。

最近では神社などで持参しなくても郵送で対応してくれるところもたくさんありますよ。

雛人形の寄付先でお困りなら

スマホやパソコンから24時間いつでも申込OK
↓ ↓ ↓