雛人形寄付ガイド

トップページ


雛人形を寄付する場所にお困りなら・・・

トランクルームに預けっぱなしの雛人形…。

ひな祭りの時期が近づいてくると胸がざわつく…。
本当は処分したいけど祟られそうで怖い…。


このようなお悩みなら、雛人形のお祓いという方法がおすすめです。

神社やお寺でもいいのですが、もしかして霊症?というような何かがある場合は、即対応してくれるサービスを選ぶのがポイントです。

雛人形を処分するなら寄付したいのだけど・・・


箱から出される日はもう二度と来ないと思われる我が家の雛人形…。

処分したくても、高額なものであるがゆえになかなか処分に踏み切れず…。

でも本当の理由はそこではないということを、私が一番よく分かっているんです。

そう…はっきり言って怖いのです。

なんだか、お人形さんに魂が入っているようで怖くて捨てられないんです。

だからどこかに寄付してしまいたいって思っているんですけど、どこに寄付すればいいのか分からないし、そんないわくつきかもしれない雛人形を寄付してもいいものか…。

このように気になっている場合は、「雛人形の供養・お祓いをしてもらう」というのも一つの手です。

[PR]お急ぎの方へ
人形供養・ぬいぐるみ供養の葬送堂は、ダンボールひと箱3,300円で雛人形やぬいぐるみをお祓いしてくれます。しかも届き次第、即お祓い。メールで結果を教えてくれるそうです。


※当サイトはプロモーションを含みます

雛人形の処分について

雛人形を処分するにあたってご自身に何か気になる点があるのでしたら、一番納得できる方法で処分されることをおすすめします。

■ ごみとして出す

無料で処分できる一番手っ取り早い処分方法です。

ガラスケースは不燃ごみや粗大ごみになりますので、お住まいの自治体のルールに従って処分してください。

■ メルカリやヤフオクで出品する

状態が良く、久月や吉徳大光など老舗ブランドの雛人形であればメルカリやヤフオクで買い手がつく可能性があります。

■ 誰かにあげる

少し古いものであれば、ジモティーなどに無料で出品してみるのもおすすめです。

取りに来てもらえれば発送の手間などもかかりませんね。

■ リサイクルショップに売る

ネットでやりとりをするのは面倒臭いという方は、リサイクルショップなどのお店に持ち込んでみるのも1つの方法です。

■ 寄付する

幼稚園や保育園、児童養護施設、介護施設などでは寄付を募集しているところもあります。

いわくつきかもしれないものをそのまま寄付するのはなんだか憚られるという場合は、一度お祓いなどを受けてから寄付してあげると安心ですね。

■ 神社やお寺で供養してもらう

霊障などが気になる場合は人形供養を行っている神社やお寺でお祓いやお焚き上げをしてもらいましょう。

地域によっては人形供養を行っていなかったり、特定の日だけしか受け付けていないということもありますので、神社やお寺にお問い合わせください。

■ 人形供養・お祓いをする専門サービスに頼む

雛人形供養は需要が高いため、いくつか専門サービスもあるようです。

ほとんどが近くの神社やお寺と提携して取次をするタイプのようですが、対応スピードを大切にした専門サービスもあります。

自宅から宅配便で送れることや費用面の安さが特長です。

雛人形の寄付について まとめ

立派な雛人形、処分するくらいなら誰かに貰ってもらいたいと考えている人も多いと思います。

でももしそれが、「なんかいわくつきのもの」だったとしたら、おいそれとは寄付できないですよね。

そこで、おすすめしたいのが「雛人形の供養・お祓い」です。

特に、何か気になることが起きている場合はしっかりと確実に対処してもらえるところを探すのが大切です。

[PR]全国対応の人形のお祓いサービス

届いたその日に即日対応

  • ダンボール1箱3,300円+送料
  • 大きな箱にまとめて送っても料金は同じ
  • 到着次第、即日でお祓い
  • お祓いできたことをメールで連絡

【対応が可能な人形やお品もの】

●雛人形
七段飾り、三段飾り、五人飾り、親王飾り、御殿飾り、収納飾り、ケース飾り、立雛飾り、手のり雛、つるし雛、衣裳着人形、木目込人形、など

●五月人形
武者人形、金太郎人形、桃太郎人形、収納飾り、など

●その他の日本人形
市松人形、お迎え人形、浮世人形、つるし飾り、お菊人形、結納人形、博多人形、京人形、おやま人形、やまと人形、御所人形、和人形、能人形、鍾馗様、など

●海外の人形・アンティーク人形
古い人形、民俗人形、フランス人形、ビスクドール、スーパードルフィー、など

●ぬいぐるみ
プレゼントのぬいぐるみ、手作りのぬいぐるみ、UFOキャッチャーのぬいぐるみ、など

●着せ替え人形・知育人形・おもちゃ類
リカちゃん人形、バービー人形、ファービー、など

【配送について】
送料は利用者負担(配送手段は都合のよいものを選べます。)

よくある質問

葬送堂の人形のお祓いサービスに関する、質問をQ&A形式でご紹介しています。

Q. どんなダンボール箱でもいいの?

A. 大丈夫です。

ダンボールに収まる範囲であればどれだけ詰めこんでも大丈夫なのですが、1つの箱あたりの重量は20kg以内までとなっているのでご注意ください。

Q. 送った雛人形はどうなるの?

A. 処分または寄付されます。

供養が終わった人形は、寄付または処分となります。

お祓いの後に送り返して欲しいという場合は、別途相談とのことでした。

Q. どのように供養するの?

A. 人形供養師によって供養されます。

複数のお人形を一斉に供養するのではなく、一つずつ丁寧にお祓いをしてもらえます。

Q. 古くてボロボロになっている場合はどうすればいいの?

A. 透明な袋に入れてください。

古すぎてボロボロになってしまっているものや汚れや臭いがあるものは、中身が見える透明の袋に入れた上でダンボールに入れてください。

Q. 心霊現象が気になるのですが送って大丈夫?

A. もちろん大丈夫です。

葬送堂は人形のお祓いと供養の専門サービスなので、なんだか気になるというお人形は自分で処分するよりも、人形供養師の方にきちんとお祓いをしてもらうことをおすすめします。


人形供養コラム

タンスの中に眠っている雛人形にお困りではありませんか?娘さんはすでに嫁がれていてもう雛人形はまったく飾っていないという方も多いでしょう。

結婚したときに雛人形も受け継いでくれればいいのですが子供に恵まれなかった場合雛人形の存在に辛くなってしまうかもしれません。

子供が大きくなってしまうと雛人形は飾られる機会もなくなりますし、ただひたすらタンスの肥やしになってしまうのが雛人形ですよね。

これからの終活を見据えると物はどんどん処分しなければいけなくなりますので健康なうちにいろいろ処分していくことが大切です。

分解できるものであれば少しずつ処分することができますが、ガラスケースに入っている雛人形はガラス自体が結構な重量となりますので粗大ゴミに出すにもなかなかの重労働です。

人形の町として有名な埼玉県岩槻では人形供養祭というイベントが行われています。

古くなったお人形などを供養してくれるというものです。

日本人形や西洋人形をはじめ、ぬいぐるみなども対象品です。

鎧などを身にまとった五月人形も対象品ですが、陶器製のビスクドールは対象外となっています。

2021年は感染症拡大防止のため中止となりましたが発送による受付は通年行っているそうです。

供養料は4000円からとのことですが上限はなく最低で4000円ということだと思います。

古い人形の処理にお困りの方、ゴミ袋に入れるのはなんだか後ろめたくて可能であれば人形供養にだしたいなと考えている方もいるかと思います。

とはいえ気になるのがお値段ですよね。

ゴミとして出してしまえばお金はかからないのですから。

できるだけ安い料金で供養してくれるところをお探しの方におすすめしたいのがインターネットで申し込みを受け付けている人形供養です。

大半の業者は1箱いくらという価格設定になっているので人形がたくさんあって困っているという人は利用してみてはいかがでしょうか。

バービー人形とかってそのまま捨てるのってなんか躊躇っちゃいませんか?生命が宿っているような捨ててもまた家に戻ってきてしまうような…。

よくある怖い話を思い出してなかなか片付けられないって人、多いんじゃないかなと思います。

そんなあなたにおすすめなのが家の近くの人形供養を行っているお寺さんに相談に行ってみることです。

もし人形になにか異変があったとしてもお祓いをしてもらうことで何も怖い事はありません。

幼少期お人形がお友達だったという人もいるかと思います。

そんなお人形、今ではちょっと邪魔者になってはいませんか?お人形をゴミに出せない人にその理由を教えてもらったところ、大切なお人形だから捨てられない、お母さんの手作りだから捨てられない、節句のお人形だからなかなか捨てられない、遊びに行くときも寝るときもずっと一緒だったから捨てることなどできない、ゴミ袋に入れるのは呪われそうで抵抗があるといった理由が寄せられました。

家で眠っているお人形にお困りの方は人形供養としてお焚き上げしてもらうのが良いでしょう。

最近では神社などで持参しなくても郵送で対応してくれるところもたくさんありますよ。

御霊抜き、何と読むでしょうか?普通に読んだらおんりょうぬきと読めますが、これはおしょうぬきと読みます。

お墓から遺骨を出す際などに行う法要の事で閉眼法要、魂抜きといったほうが分かりやすいかもしれません。

どうして魂を抜く作業を行わなければいけないのかというと、そもそもお墓やお位牌を使い始めるときに御霊入れという儀式を行っているためです。

御霊入れを行うことでただのお墓や位牌に魂が宿るとされています。

ですので、墓じまいをされたり仏壇を処分すると言った時には魂が入っていた箱をただの箱に戻してあげなければいけないのです。

そのため魂が入れられていない位牌はただの位牌ということになります。

家の中ぬいぐるみで溢れかえっているという人はいませんか?私の部屋には500体以上のぬいぐるみがあり、流石に足の踏み場もなくなってきたのでそろそろ本気で処分しないとダメだなと思っているのですが捨てようと思うとなんだか悲しい顔をされているような気がして捨てられません。

そんな時父の知り合いから紹介してもらったのが人形供養というものです。

神社へ行かずとも箱詰めして送付するだけでしっかりお焚き上げをしてくれるというものです。

たかがぬいぐるみにお焚き上げなんて大げさかもしれませんが私が納得できたのでこれでいいんだと思います。

いいかげん人形を捨てたいのだけどそのまま捨てるのにはなんだか抵抗がある。

神社でお焚き上げを希望しているけども人形供養のお布施っていくらするか検討もつかないので結局どうにもすることができずそのままという方はいませんか?人形供養にお布施が必要なの?とビックリされた方、お守りや破魔矢と同じように考えてはいけませんよ。

肝心のお布施の金額ですが直接伺うのは憚られるという人もいますよね。

そこでおすすめしたいのがお払いの金額が明示されている人形供養専門サイトです。

雛人形の寄付先でお困りなら

[PR]スマホやパソコンから24時間いつでも申込OK
↓ ↓ ↓